【感想】XR謎解きエンターテインメント 「code name: WIZARD」をプレイしてみた

【感想】XR謎解きエンターテインメント 「code name: WIZARD」をプレイしてみた 街歩き
スポンサーリンク

「XR謎解きエンターテインメント 「code name: WIZARD」」とは

東京タワー内でもうひとつ謎解きがあったので、芝公園物語が終わったあとに挑戦!
XRはVR、AR、MRなどの先端技術の総称で、ゴーグルをつけて謎解きをするイベントだった。

魔法体験×XR謎解きエンターテインメント「code name:WIZARD Episode 1」は、東京タワー内を周遊して本格的な謎解きが楽しめる「アナログ謎解き」パートと、最新空間コンピューティングデバイス「Magic Leap 1」を活用し自分の手から魔法を発動できる「魔法の試練」パートなど複数のコンテンツを跨いで物語体験ができる新感覚の「魔法体験×XR謎解きエンターテインメント」です。

全6ストーリーが東京タワーに集結! あなたが主人公になって、6匹の個性豊かな妖精たちと異なる魔法の試練に挑戦しよう!

公式サイトから
  • 東京タワー内の周遊謎
  • 高いところが苦手なひとは、大丈夫なひとと一緒に…

スポンサーリンク

感想

タカラッシュの芝公園物語を体験したあと、受付の裏のスペースでひっそりと実施していた「XR謎解き」。

【感想】芝公園恋物語をプレイしてみた
「芝公園恋物語」とは 周遊謎に行きたいね、と友人たちと話していて、それなら東京タワーでやってるらしいし...

そういえばふと思い出したけど、新宿でも一時期やっていたような…?
XRの謎解きって面白そうだったので、行ってみたかったのだけど、気がついたら終わっていたんだよね。
おそらく同じものだと思うけど、遊べてよかった!

コースは全部で6つあって、謎解きに慣れているひとは「青い妖精・ウィーキー」の章をおすすめされたので、それでやってみた。
一つの章につき3,000円なので、6章全部やりたい場合はその都度チケットを購入して18,000円…。
塵も積もれば山となる…。

クリアファイルと何枚かの紙を渡され、LINEで謎解きを解いていく周遊を行ったあとに、XR体験をするので、XR体験をしたい我々は、もりもりと謎を解いていった。
青の妖精・ウィーキーの章はけっこうやりごたえがあって、ヒントを駆使しながらだったけど、なんとか。
英語をけっこう使うので、苦手なひとは検索に頼ったほうがいいかも。(検索は禁止されているわけではないので)
英語を使うだけで、難易度があがるもんだなぁ…と英語が苦手な友人を見て思った。
英語を仕事で使う友人でも、単語で解釈に迷っていたし、仕事で使う英語ではないのでスペルがすぐに出てこなかったりもした。
(自分は、分かるものもあればスペルが怪しいものがある…)

謎解きはトレーシングペーパーを使ったりしたのだけど、なるほどな〜!と思って面白かった。

XR謎解きは、体感5分ぐらいだったけど、どのぐらいだったんだろう…。
ゴーグルをつけて、簡単に使い方の説明を受けたあと、隣の部屋に移動して体験した。
移動できることにすごくびっくりした。
イメージとして、ゴーグルをつけたら移動できないものだと思っていたので、自由に移動できるのは驚いた。

XR謎解き自体は、制限時間がかけられていて、ウィーキーたちの力を借りながら、目の前に浮かぶものをあれやこれや(隠す)して、ステージをクリアしていく。
意図していない動きもするけれど、ペナルティもないし、訂正は何度でも聞くので、時間のある限り色々とやってみたら、クリアできた!
最後、なんでクリアできたのか分からなかったけど…。解説用紙ほしかったな…。

他の妖精のパートもやってみたいけど、なかなか東京タワーに行こう!とならないので、これっきりになっちゃうかな…。
楽しい体験なのは間違いないけど、交通の便がいいところだったらなぁ…!

スポンサーリンク

公式情報

 

場所:東京タワー内
料金:3,000円(メインデッキ入場券付き)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました