【感想】ボードゲーム アンロック!ミステリーアドベンチャーをプレイしてみた

【ボードゲーム】アンロック! ミステリーアドベンチャー 脱出ゲーム
スポンサーリンク

「ボードゲーム アンロック!ミステリーアドベンチャー」とは

またもやボードゲームカフェでアンロックシリーズをやってみることに。
とりあえず全部やるまでボドゲカフェに通うことは確定している(笑)

君たちを待ち受ける新たなる3つの魅惑的な冒険!

現場を捜索せよ!物品を組み合わせろ!パズルを解き明かせ!

脱出ゲームとは、制限時間内に部屋から脱出する謎解きゲームのことです。『アンロック! ミステリーアドベンチャー』では、自宅のテーブルでこの経験を楽しむことができます。

このセットは以下の「チュートリアル」と、それぞれカード60枚で構成される3つの冒険シナリオからなる、協力型の謎解きカードゲームです。

公式サイトから
  • ボードゲームの脱出ゲーム
  • 海外のボードゲーム
スポンサーリンク

遊び方

一作目の「アンロック!」のログはこちら

ルールは一作目と同じ。
カード60枚とアプリを使って、脱出ゲームをするのが斬新。
適当にめくるとペナルティだし、暗証番号も4桁あるので適当には押せない(押した)。

今回のミステリーアドベンチャーのストーリーは下記。

■丘の上の館■
この荒れ果てた邸宅で何が起こっているのだろうか?
その不吉な部屋を探索し、この隔絶された場所につきまとう呪いを解け!

■ノーチラス号の罠■
ダイビング中に海の怪物に追い詰められ、君たちは古いハッチを開けて中に逃げ込んだ。
再浮上する手段を見つけ出せ!

■トニバル島の財宝■
スミス船長はトニパル島に財宝を隠した。他のトレジャーハンターが見つける前に財宝を掘り当てろ!

スポンサーリンク

感想

一番盛り上がったのはノーチラス号だったかな?
1枚めくり忘れていて、詰んでいて、結局どこでめくり忘れていたのか分からず、もう一度やった。

とある罠にもちゃんと引っかかったので、爆笑していたら、店員さんに「引っかかりましたね〜」と言われた。
見事に引っかかりました。
たぶん違うと思うけど、やってみていい?と言われたら、面白いからやってみるしかないじゃん?
ゲームなので、引っかかっても楽しい。というか、引っかかってこそ!

難易度は、丘の上<ノーチラス号<トニバル島だったような。
トニバル島も脱出ゲームっぽい感じがして楽しかったな。

第三段も楽しみだ!

スポンサーリンク

こちらからチェック

対応:ボードゲーム+アプリ
価格:4,950円

コメント

タイトルとURLをコピーしました